家庭用脱毛器ケノンで脱毛するデメリット

ケノンは家庭用脱毛器として人気が高いものになりますが、当然ですけどメリットだけではなくデメリットも存在しています。そのデメリットをよく知って購入するための参考にすれば良いでしょう。

 

ケノンの大きなデメリットの一つとしてあるのが背中の脱毛は自分だけではできないという点があります。優秀な家庭用脱毛器ではあるのですが、どうしても形状の問題で背中を脱毛する時に自分一人だけの力では綺麗にすることが難しく、第三者に手伝ってもらう必要があります。手の届く範囲であれば自分一人でもできるのですが、こればかりはいくら良いものであっても難しく、家庭用の限界と言えるでしょう。もちろん能力がダメでできないという訳ではありませんので手伝ってもらう人がいれば十分に綺麗にすることが可能です。

 

綺麗に脱毛できるケノンですが、IラインやOラインは非推奨になっていますのでオススメできません。IラインやOラインは恥ずかしいので自分で施術したい、ここの部分もしたいといった声が大きいですが、デリケートゾーンは皮膚が薄く痛みを感じる可能性が高いですし、トラブルになることもあります。それに無理な体勢で施術をしがちになってしまいますから慣れているプロに任せるのが良いのです。IラインやOラインは推奨されていませんが、Vラインに関しましては脱毛可能箇所となっています。

 

最後にもう一つのデメリットとしてあるのが照射するためにチャージする時間が掛かるといった問題があります。それに照射レベルを上げるほどチャージする時間も長くなりまして、長く使用する時や連続して使用する時に少しもどかしく感じてしまうでしょう。長く照射できれば良いのかと言われると冷却期間も必要なので、完全なデメリットとも言えませんが、チャージ時間があると素早くできないといった感じることもあるでしょう。このようにケノンにはこれらのデメリットがありますが、優秀な家庭用脱毛器になっていますので自分に合っているのでしたら安心して使えるものとなっています。